ろばーとのネタ帳

興味のあるものなんでも

映画 暗殺教室の二宮和也!死神の画像はある?迫真の演技力に注目!

      2016/10/16


暗殺教室の続編が公開二宮和也が死神に抜擢

今年3月に公開された実写映画「暗殺教室」の続編が2016年の春に公開されます。

キャストは映画の主人公である潮田渚役を演じる山田涼介ら前回のキャストが引き継がれます。

原作の主人公、殺せんせーの声も前回と同じ二宮和也が担当します。

二宮和也は殺せんせーの声に加えて「死神」の役を演じることも決定しました。





また、前回は少しだけ出演した桐谷美玲も雪村あぐり役で本格的に出演します。

二宮和也が演じる死神について2つの説が浮上しています。

ひとつは、殺せんせーの過去の姿です。

殺せんせーはタコのような不思議な生き物ですが、本来は人間でした。

そして人間時代は腕のいい優れた殺し屋で「死神」という呼び名がつけられていました。

ふたつめは、原作で潮田渚たちと闘った花屋の男です。

花屋の男は自らを死神と名乗っていました。

また、作中で顔の皮を剥ぐ奇抜な行動をするキャラクターでもあります。

二宮和也は殺せんせーの声を担当するので、死神は殺せんせーの過去の姿だと思います。

二宮和也が死神役を演じるとわかった少年ジャンプの記事に、二宮和也の顔写真とキャラクターの絵が載っていました。

キャラクターの絵が横向きだったので分かりにくかったのですが、髪型や髪色から過去の殺せんせーであると判断しました。

「死神」という役名から、花屋であると思ったり、悪魔などの生物であると勘違いしている人もいるようですが、確認をしっかりとってから騒ぐべきだと思います。

o0480032813414610259
出典:http://stat.ameba.jp/

山田涼介 映画 暗殺教室

二宮和也が殺せんせーの声だとわかった前作、山田涼介のファンの中にはその事をよく思わない人がいました。

人気のある嵐の二宮和也が出演することで、主役である山田涼介が霞んでしまうのではないかと心配したのです。

せっかくの主演作を二宮和也に取られてしまったと感じた山田涼介のファンがいたのです。

今回は声だけに止まらず、顔を出してしまいます。

山田涼介のファンで二宮和也に出てほしくないと思う人が前回より増えるかもしれません。

その結果、嵐ファンとHey!Say!JUMPファンが対立するようなことにならないかと危惧しています。

二宮和也が持ち前の演技力で山田涼介を光らせてくれることを期待します。

暗殺教室 山田涼介 キスシーン

原作のストーリーにそって考えると、殺せんせーの過去の姿である死神が登場するということは、殺せんせーの過去の話、回想シーンがあるということです。

その回想シーンの前にはヒロインである茅野カエデが事情により大暴れをする場面があります。

潮田渚は茅野カエデの暴走を止める手段に舌を入れてキスをすることを選ぶのです。

実写版の、それも恋愛映画ですらない作品でいわゆるディープキスをすることはないと思いますが、茅野カエデ役の山本舞香と潮田渚役の山田涼介がキスをする可能性はあります。
426524

21893956
キスシーンをみて山田涼介のファンや山本舞香のファンが嫉妬しお互いの悪口を言わないとも限りません。

お互いのファンにとっても、山田涼介と山本舞香にとっても好印象は与えられないと思うのでこのシーンの利用については不安があります。

しかし、このシーンは原作では茅野カエデの運命を変える大切なシーンですし、潮田渚が格好いいシーンでもあるので出来ることなら蔑ろにされたくはないです。

原作で人気の赤羽業

原作の暗殺教室の人気投票では赤羽業が一番人気でした。

赤羽業は菅田将暉が演じます。

暴力で落ちこぼれクラスであるE組に落とされたのですが、頭もいいですし、運動神経もいい高スペックキャラクターです。

また虐められていた先輩を助けたり、イタズラ好きという子どもっぽい部分があったりもします。

高スペックであるが完璧ではないところが赤羽業が人気の理由でしょう。

ちなみに潮田渚とは一年生の時からの友人で、同時にコンプレックスも抱いていました。

その他の情報としては、女子生徒なら奥田愛美(演・上原実矩)と仲が良いです。

それから将来の夢は官僚だったりします。

ちなみに私も赤羽業が一番好きなキャラクターです。

大人っぽく見えて、中学生らしさを一番感じられるキャラクターだと思います。

暗殺教室を書いた人物

暗殺教室の作者は松井優征です。

松井優征は「魔神探偵脳噛ネウロ」で2005年にデビューしました。

魔神探偵脳噛ネウロは、「謎を食べる」というSF要素が入った推理漫画です。

そして2012年から暗殺教室の連載が開始されました。

松井優征はエキセントリックを重視している一方で王道路線でもあります。

松井優征曰く、王道を光らせるために敢えて変わったことを描いているようです。

原作の今後の展開と実写映画のクオリティに注目したいです。

また、暗殺教室はアニメの続編も放送されるので楽しみにしています。

 - 映画, 芸能人 , , , , ,