ろばーとのネタ帳

興味のあるものなんでも

大人も涙腺崩壊のアニメ映画2015!ここさけ・あの花 「ハンカチ2枚用意」

      2016/10/16


「ここさけ」が注目される

大人が泣けるアニメ」と呼ばれている「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが製作した「心が叫びたがってるんだ。」というアニメ映画が9月19日に公開されました。





「心が叫びたがってるんだ。」は公開前に予告をみただけの人からも「既に感動して泣けた」という声が挙がっています。

3234
また、数々の著名人がこの作品を絶賛しています。
ホットロードの監督、三木考浩は「胸が張り裂けそう」だと話し、名探偵コナンの作者、青山剛昌は「(過去に自らが作中で記した)言葉は刃物。という意味を実感した」と言っていました。
また、この作品の登場人物たちと同年代の高校生からの評価も高くなっています。
人間関係や人への思いやりについて色々と考えさせられる映画になっているようです。

 

アニメ映画「ここさけ」のネタバレ

「心が叫びたがってるんだ。」は、幼い頃の出来事がきっかけで思ったことを話せなくなってしまい、歌を自分の気持ちを表現する手段として取り入れている少女を中心に描かれています。

この作品のように、声帯や脳に以上がないのに話したいことが話せない病気があります。
「かんもく症」という病気です。
この病気は、学校や職場など特定の場所で発言することができなくなる病気です。
主に子どもに多いようですが、大人になっても治らず困っている人もいます。
あまりに意見を述べられないので生活に支障を来すことも出てきてしまい、引きこもりになってしまうケースもあります。
中には体の動作すら封じられてしまう人もいるようです。
しかも、見た目には分かり辛いので「ただの喋らない変わった子」等と思われてしまうケースも多いようです。
この病気に対する理解が強まるといいですね。
また、「かんもく症」になる人は元々静かで大人しい人だけではないようです。
「中学生頃まではお話をするのが大好きだったのに、何故か高校生になったあたりから話せなくなった」という人がいることも確認されています。
些細なきっかけで発症する恐れがある「かんもく症」からは、人間の繊細さが伺えるような気がします。
また、日本人に限ったことになりますが、「本音と建前を分けている」日本の国民性も関係しているのかもしれません。

 

アニメ映画 「あの花」のネタバレ

「心が叫びたがってるんだ。」の前に作られた「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」通称「あの花」は、以下のようなストーリーになっています。
引きこもりになっていた高校生の「じんたん」がある日幼馴染みの「めんま」と出会います。
めんまには叶えてほしい願いがありました。

ah22001 2372894i
めんまの願い事が「自分が学校に行くこと」だと考えたじんたんは、登校を決意します。
ある日、めんまは亡くなっていたことを知ります。
めんまを成仏させたいと考えたじんたんは、めんまと仲のよかった自らの友達と、めんまのために自分達のために葛藤していくのです。
友達と過ごす大切な時間や、仲間の大切さ、人間関係を取り巻く悲しさなどが描かれた作品だと思われます。
また、メインテーマに「Secretbyes~君がくれたもの~」が使われていることも、何かの目的があって現れた「めんま」と仲間たちへの思いにリンクしているのではないでしょうか。
もっとも私の中で上記の曲は「キッズ・オー」のイメージが強いので、使い回しをせず新曲を書き上げてほしかったという思いもあります。

 

 - アニメ, 映画 , , , , , , , ,