ろばーとのネタ帳

興味のあるものなんでも

北斗晶が乳ガン!右胸全摘 ブログに綴った家族への愛と女性達への言葉

   


元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48歳)が23日、公式ブログにて乳がんで入院中であることを発表しています。

24日の朝、右乳房の全摘出手術を受けるとのことです。

北斗晶が乳がんと診断されたのはいつ?

今年の初め、右胸に痛みを感じたという北斗晶。

しかし、毎年秋にマンモグラフィなどの乳がん検査を受けており、昨年には異常はなかったため放置していたところ、春には鏡に映った乳頭に引きつりを感じたといいます。

 

そし初夏には右胸にチリチリするような痛みを感じたことから病院へ行き細胞検査を受けたところ、7月7日に病院へ呼ばれ「癌の陽性反応が出た」と告げられたそうです。

 

その後に専門病院へと出向き、血液検査やCTスキャン、レントゲン、エコー、MRIと様々な検査を受け、右乳房の乳頭の真裏に当たる部分に2センチほどの乳がんの腫瘍があることがわかり、医師から右胸の全摘手術を勧告されたそうです。

 

北斗晶は何とか全摘を避けようとしたものの、

「胸の事より今は5年先、10年先、生きることを考えてみましょう」

との医師からの言葉に

「今の自分は命さえも危険な状態なんだ」

と初めてその深刻さを悟ったといいます。

 

【北斗晶がブログに綴った女性へのメッセージと家族への想い】

 

「残念ながら異常に早く進行している」とブログで語った北斗晶。

 

乳がんの専門家によると、北斗晶のケースはガン腫瘍のできた場所が悪く、乳頭の真裏にあるため乳頭と乳輪を残すことができないと言います。

そのため全摘出に至ったものとみられます。

 

先週には髪の毛を45センチ髪を切ったことをブログにて明るく報告していた北斗晶ですが、実は手術後もリンパ節への転移の可能性があるとして抗がん剤での治療をするため、副作用で髪が抜けるショックを和らげるためのヘアカットだったことも告白しています。

 

「私だって普通の女です。

 

今まで当たり前にあった胸がなくなるのは辛い。」

などの素直な心境や、

 

「女性のみなさん、若かろうと歳をとっていようと乳がんの検診を受けてください。」

「毎年受けていても1年で全摘出になってしまう乳がんもあることを知ってください。」

などの女性へ乳がんの検診を受ける大切さを訴えるものなど、

ブログでは6500字、原稿用紙16枚ほどの量にわたり、想いを綴っています。

 

そして、

「愛する子供達の白髪の生えた顔が見たい。

パパと2人で、年を取っていつまでも手をつないで歩きたい」

と、家族愛あふれる北斗晶の家族への想いも綴られています。

 

※他人ごとではありません。12人に一人が乳がんになる時代です。

 

乳がんにならないための12のポイントをしっかり身につけて乳がんにならないように日頃から気をつけましょう!

 

 

 

 

北斗晶の乳がんに街の声とネットの声

この発表にともない街頭インタビューを一般の女性に行ったところ、

 

「元気な北斗さんしか知らないからショックです」

 

「いつも元気で乳がんのイメージがまったくなかった」

 

「早く元気になってまたビジバシやって欲しいですね」

 

などの声が聞かれました。

 

 

また北斗晶が乳がんを発表した公式ブログのコメント欄には、24日午前0時の時点で約7000件を超える応援の声が寄せられ、「いいね!」の数も1万2000件を超えています。

 

コメント欄には、

 

「笑顔が素敵なご家族がまた戻って来てくれると信じています」

 

「ぜったい大丈夫ですよ」

など激励するものが多数寄せられたほか、

「私も乳がんでした。9年になりました。患者会でお仕事しています。医療は進んでいます。大丈夫です」

 

と経験者の声も寄せられています。

 

中にはブログを呼んで号泣したという声もあり、北斗晶への支持の高さが伺えます。

 

 

北斗晶は、乳がんを告げられた7月以降も仕事を続け、共演者も異変には気付かないほど元気に振舞っていたそうです。

 

その内に秘めた悲しみと、手術を決めるまでの葛藤を思うと胸を締め付けられる気持ちになります。

 

また元気な北斗晶の姿に会えることを、ファンは待ち望んでいます。

 

 

 

 - NEWS, スポーツ選手, タレント, 芸能ニュース, 芸能人 , , , ,