ろばーとのネタ帳

興味のあるものなんでも

【 アイドルの恋愛禁止 】 裁判で賠償!グループ名・名前は?

      2016/10/16


元アイドルに損害賠償

19日、17歳の元アイドルの少女が、「恋愛禁止」のルールを破り、グループを解散せざるおえなくなったとして、少女と少女の母親に510万円の損害賠償を求めた裁判が行われました。

判決で「恋愛禁止の掟がありながら守らなかったこと」はよくないとされ、結果65万円の損害賠償を支払うことが命じられました。
自分の不注意が原因で大惨事を招くとは少女は想像していなかったことでしょう。
「恋愛禁止」うんぬんよりも、決められたルールを守らないことに問題があると思います。
少女も世間の厳しさを痛感したのではないでしょうか。





なんというアイドルのこと?

少女は2013年に事務所と契約し、同年10月にグループが解散したそうです。
ちょうどこの時期に解散したグループに「dokidoki」というグループがいます。
6人組の女性アイドルグループで、問題の17歳の少女は「美喜はるか」ではないかと言われています。
また「富山もゆ」の解散前のブログには、事情があって解散するという内容の事が明記されていました。
dokidokiが問題のグループである確証はありませんが、その可能性も大いにあり得るでしょう。

23553

ネットでは美喜はるかさんではないかとあります。
違うにしてもたった数ヵ月で解散することになるとは、メンバーは可哀想ですね。
アイドルというものは色々と大変なんだと思います。

 

アイドルに恋愛禁止は必要か

AKB48やモーニング娘。

などの大人気アイドルにも存在する「恋愛禁止」というルール。
今回の事件のきっかけになったアイドル界のルールですが、何故このようなルールがあるのでしょう。
多分、アイドルの応援をする多くの人たちが、上手に人間関係を築けない人たちなんだと思います。
だから「アイドルは夢を売っているのだから、恋愛なんてしないんだ」と思うのでしょう。
それを助長するように「恋愛禁止」のルールがあるから、「ルールを破るわけがない」という考えに至るのだと思います。

アイドルの交際発覚で損害賠償を裁判所が認める理由。
そしてルールを守らないアイドルに失望するんだと思います。
なら最初から不必要なルールは作らなければいいのではないかと思います。

恋愛禁止じゃなくたって法に問われることはありません。
最初から恋愛と仕事は別にすればいいのではないでしょうか。
そうすれば、下手に傷つく人が出ないかもしれません。
「アイドルは恋愛しない」と思っている人たちの目も冷めるのではないでしょうか。
恋愛しないのなんて、よほどの人間嫌いか過去に嫌な思いをされた方々だけだと思います。
大勢の人の前に立って笑顔を振り撒けるアイドルが人間嫌いのわけありませんから、恋愛だってすると思います。
今時、小学生にだって恋人がいる時代です。
思春期の年齢の時に、恋をしたっておかしくはありません。
「恋愛禁止」という不自然なルールが余計にファンもアイドル自身も苦しめているのではないでしょうか。

 

アイドルの現状

AKB48のように人気になれば、国立競技場などの大きな会場でライブができます。
沢山のCDを売ることができ、いいことでも悪いことでもたびたび注目されます。
しかし、全然世に出られないアイドルだって大勢います。
AKB48や男性だったらジャニーズなどでも、人気メンバー、人気グループ以外は世間にそこまで浸透していません。
大手グループ、事務所にだって目立たない人たちはいるのですから、小さな事務所のアイドルなら余計に目立たないと思います。
その中から大人気アイドルになれるのは本の一握りでしょう。
また、最近は特に可愛くなくてもアイドルになれたりするようです。
アイドルに夢を見るのは素敵なことだと思いますが、あまりにも叶いやすい世界になってしまったら、それは逆に競争の激しい狭き門になるのではないでしょうか。
「持ち上げて落とす」くらいなら、最初から諦めさせた方がいいかもしれません。

 

 

 - NEWS, タレント, 熱愛・結婚, 芸能ニュース, 芸能人, 芸能界のうわさ , , , , ,