ろばーとのネタ帳

興味のあるものなんでも

2015名探偵コナン 主題歌 「謎」が再ブレイクする予感!?歌手は?

      2016/10/16


La pom ponがトップ10入り

六本木発祥のダンスボーカルグループ「La pom pon」がリリースした「謎」がシングルランキングトップ10入りを果たしました。
La pom ponには多方面からお祝いのメッセージが届いています。
また謎は現在の「名探偵コナン」のオープニングに使われています。





 

La pom ponって誰なのか

La pom ponは、2013年から活動を開始した平均年齢16歳の女性グループです。
所属レコード会社が「Being」なので、「Being」のアーティストを起用している名探偵コナンのオープニングを担当することも出来ました。
グループ名の由来は「新しい力で新しい時代の誇り」というものです。
メンバーはMISAKI(18)、YUKINO(17)、RIMA(16)、HINA(15)、KIRI(15)、KAREN(14)で活動しています。
ちなみにリーダーはYUKINOです。
ボーカルを担当しているのはとで、最年少のKARENはMCを回したりしているそうです。
最年少の14歳でMCを担当できるのは技術が高いのでしょうね。

 

 

謎について

 

名探偵コナンのオープニングに使われている「謎」は、小松未歩の楽曲でした。
1997年に発売された歌で、名探偵コナンの3回目のオープニング曲にも起用されました。
オープニングの中では最長の1年間起用され、「コナンといえば謎」と言われるほど有名な曲になりました。

a4904e89f9800435b7aacb3ee703cde3
映画で少年探偵団が歌ったりもしています。少し切ない感じのラブソングになっています。
そして2015年に「La pom pon」がカバーしました。
La pom ponが歌う「謎」は「ダンスチューン」になっています。
小松未歩が歌う「謎」に比べて、切ない感じが少なくなった気がします。
小松未歩の「謎」が「報われない恋」をだとすれば、La pom ponの方は「初めての恋」といったイメージです。
La pom ponの謎については賛否が分かれています。
私は嫌いではないですが、やっぱり「名探偵コナンのオープニングの謎=小

松未歩」のイメージが強いです。

 

 

 

 

名探偵コナンのおすすめの話

 

「謎」が起用されている名探偵コナンは20年以上続く人気アニメです。
数ある作品の中でも特に悲しいと思ったのが「月光ピアノソナタ殺人事件」です。
この作品は犯人が最後に自殺してしまいます。
また、犯行理由も同情できるものだったため視聴者に悲しみをもたらし、主人公にトラウマを与えました。
もっとも怖いのは「図書館長殺人事件」です。
エレベーターに死体が隠されていることも怖い理由のひとつですが、なにより館長の顔と登場の仕方が怖いです。
「子どもは泣く恐さ」だと言われていますし、多くの視聴者にトラウマを与えました。
また「青の古城探索事件」も気の狂った犯人が登場することで恐い作品と言われています。
いちばん悲しいのは「そして人魚はいなくなった」です。
このお話は母のために、島のためにおばあちゃんのふりをし続けていた女性が復讐をする話です。
「鳥取蜘蛛屋敷の怪」も、国の違いなどから誤解が生じて彼女が自殺してしまったという悲しい事実が入っています。
いちばんかっこいいのは「見知らぬ乗客」です。
バスジャックされた車内に自殺目的でわざと取り残されるのですが、主人公が爆発寸前に助け出します。
そして「運命から逃げるな」と諭します。
恋愛要素が強いのは「ロンドンの黙示録」だと思います。
このお話では、主人公がヒロインに告白します。
しかも探偵にちなんだ言葉を使います。
主人公にしかできない告白の仕方です。
また「命がけの復活」のラストシーンも悲しさもあり感動もあるラブシーンになっています。
楽しいお話は「商売繁盛の秘密」あたりがいいと思います。
このお話は、犯罪をする器じゃないまぬけな犯人だったので、主人公が犯人に戸惑わされます。
他にも数えきれないほどお話があるので、DVDレンタルや漫画の購入をお勧めします。

 

 - アニメ, 歌手・アーティスト, 音楽, 2015年 , , , ,