ろばーとのネタ帳

興味のあるものなんでも

堀北真希 ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜のあらすじは?

   


8月に俳優の山本耕史(38歳)と交際期間0日での電撃結婚を発表した女優の堀北真希(27歳)が、6日に結婚後初の公の場に現れました。

ハッピーオーラ全開の堀北真希

堀北真希は6日に都内で行われた9日より公開の映画「ファンタスティック・フォー」のジャパンプレミアイベントに出席しました。

トークセッションに参加した堀北真希はウェディングドレスを彷彿とさせる真っ白なワンピース姿で登壇すると、司会進行の方から「結婚おめでとうございます」と祝福の言葉をかけられ「ありがとうございます」と笑顔で答え、来場客からも拍手が送られました。
これに対しても笑顔で頭を下げた堀北真希はまさにハッピーオーラ全開の様子です。

さらにこの日は堀北真希の27歳の誕生日ということで、サプライズでケーキが登場すると、

 

「びっくりしました。ステキなサプライズをありがとうございます」

とうれしそうな表情を浮かべました。

報道陣へも笑顔で対応

降壇の際には報道陣からの問いかけに足を止めて丁寧な受け答えをした堀北真希は、衣装はウェディングドレスを意識したのかとの質問に「上映があったので」と答えました。

夫の山本耕史から誕生日は祝ってもらったかの質問にも「はい、おめでとう、という感じです」と照れたような笑顔を見せています。

そしてどんな家庭を築きたいかとの質問には「明るく楽しい家庭にしたいです」と、質問すべてに全開の笑顔で答えていました。

仕事も充実

堀北真希はこの映画で実写吹き替えに初挑戦しています。
堀北真希が挑戦した役は、ヒーローチーム「ファンタスティック・フォー」の中の紅一点の女性科学者で、体を透明化する能力を持っているスー・ストームの吹き替えです。

オファーがあった際には不安もあったといいますが、「とっても重要なキャラクターで緊張しながら声をやらせてもらいました。
突然、特殊能力を身につけてしまった心の葛藤とかが難しかったですが、やりがいがあっていい経験をさせてもらいました」と語っています。

 

そして来年にはドラマも

2014年10月に金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画で放送された「ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル〜」が、来年1月に連続ドラマ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」として放送されることが決定しました。

これにともない、堀北真希のビジュアル写真も発表されています。

 

ストーリーの内容

警視庁捜査七課は、女性犯罪者および女性被害者対策を目的に設置された非公式の課で、メンバーは外見は美しいものの男性刑事たちを出し抜く癖のある女性達であるため、猛毒を持つ花であるヒガンバナに揶揄されています。

3573

堀北真希は主人公の刑事、来宮渚を演じますが、渚は事件現場に残る声が聞こえるという特殊能力を持っていて、日常生活に支障がでるほどの能力のため、常にヘッドホンを付けて行動する一匹狼のマイペースな役どころです。

 

意気込みを語る堀北真希

連続ドラマ化にあたって堀北真希は、「渚は結構ズバズバものを言うキャラクターなので、歯に衣着せない本音のセリフを気持ち良く言えたらいいなと思っています」と意気込みを語り、

「前回のスペシャルではあまり詳しく描かれなかった渚の過去にも焦点があたり、渚はなぜ能力を身につけたのかという謎がだんだん明かされていくのも見所です。
また共演者の皆さんに会うのが楽しみです」と連続ドラマ化への喜びと、見所を語っています。

今作が結婚してから初の連続ドラマ出演であり、さらに堀北真希は日本テレビ系列での主演も初めてとなります。

結婚後、ますます仕事にも力を入れて臨んでいる様子の堀北真希の背景には、夫も俳優という同業者の支えがあるのかもしれません。

 - 芸能ニュース, 芸能人 , ,